白チャートの勉強法、使い方を徹底解説

公開日: : 最終更新日:2016/07/21 おすすめ参考書, 数学, 科目別紹介 , ,

新課程チャート式基礎と演習数学1+A

あんまり使っている人は見ないのですが、最近良く検索で『白チャート』で検索してこのブログに来られます。
申し訳ないことに、青チャートを解説しているページに飛ばされたと思います。
実は私自身は使ったことは無いのですが、なぜか父が持っていた白チャート。今一度、この参考書について使用方法を考えてみたいと思います。

関連記事
chart
【高校生・浪人生・再受験生必見!】徹底解説!最も効率の良い青チャートの勉強法

red-chart-icon
【真の実力者が使う網羅系参考書】赤チャートの使い方、勉強法を徹底解説

スポンサーリンク

白チャートについて

白チャートは数研出版から販売されている、大学入試用の数学の参考書です。
チャートシリーズでは、最も易しいレベルとされています。
白チャートのほかには、黄チャート、青チャート、赤チャートがあります。

白チャートの売りはなんと言っても圧倒的な解説の詳しさにあります。おそらく、独学で勉強している人、中でも数学がかなり苦手な人向けに書かれています。ただし、到達点は高くありません。

白チャートの難易度

難易度はかなり低めに設定されています。しかし、それは悪いという意味ではなく、あくまでも焦点が基礎固めというところに着目されているためです。
難易度は教科書レベルの簡単な問題から、センター試験問題レベルです。

高校数学が敷居を高くしている要因の1つに数学独特の硬さがあると思います。特に青チャートではその特徴が顕著に見られますよね。初めのうちは感じませんでしたか?まず問題の言っている意味が分からないと。
私はとても感じました。証明にしても、計算で解を出すにしても、数学帰納法とか頭が痛くなるような言い回しがふんだんに使われています。中学数学が得意だった人でも、一気に躓いた人は訳が分からなくなっている人が多い気がします。

こういう人たちにとって、数学特有の硬さが押えてある白チャートはとても良い参考書であると思います。
もちろん、数研出版の持つ体系付けられた数学の論理展開もありますが、気になるほどのものでもないです。

白チャートから青チャートにつなげたい人

whitetoblue
東大や、京大、医学部など数学が難しいところである程度闘わなければならない人で、青チャートでは難しいと感じる人が、その前のステップとして教科書と傍用で使うといいと思います。
ただし、1年生から遅くても2年生までに始めないと、とてもじゃないですが時間的余裕は無いと思います。ましてや数学が苦手だと思います。余裕を持って勉強計画を立てていきましょう。

センター試験のみで数学を使う人、二次試験に数学が無い人

白チャートは最も難しい問題でも、センター試験問題レベルですので、センター試験対策にいい参考書といえます。なので、二次試験に数学を使わない人であれば、青チャートのように難しい網羅系の参考書は必要ないでしょう。
ただ、この際、センター試験は数学ⅢCは範囲外ですので白チャートもその分必要じゃなくなりますので、注意してください。

ただそもそも、二次試験で数学を扱わない人は記述対策をする必要がないので、センター試験特有の問題やマーク式の解答になれるためにも、白チャートではなくセンター試験専用の問題集や参考書を使ったほうがいいとは思います。

白チャートの詳しい内容について

白チャートは青チャート以上に一言コメントや、気づきづらいようなポイントにワンポイントアドバイスといったものが充実しています。

基礎学習では、
「Let’s Start」、「基礎例題」、「CHART & GUIDE」、「解答」、「Lecture」、「EX」、「ここで整理」、「EXERCISES」

といった構成になっています。

まずはその章がどういう内容なのかを簡単に示し、基礎問題に対しては方針を詳しく解説し、その後詳しい模範解答を学びます。模範解答をさらに詳しくどういうことなのかをlectureで学びます。これによって理解を深めることが出来ます。そしてEXで、同じような問題にもう一度チャレンジし、反復勉強を行います。そして最後に、公式をどのように用いるのかなど最終確認を行って整理します。

数学苦手を克服せよ!白チャートの効果的な運用方法

nigate

そもそも白チャートを使っている人は、数学が苦手な人たちだと思いますので、そういう人たちでもしっかり継続して行える方法をご紹介します。

まずは計画を立てよう

勉強が三日坊主になってしまうのはいくつかの理由が考えられます。

・目標をしっかり定めていない
・計画をちゃんと立てていない
・やる気が起きない

などが主な原因でしょう。
しっかりとした勉強経過を立てることで無理なく、自分のやりたい範囲を終わらせることが出来ます。

最近では、StudyPlusなどのように良いアプリもありますので、そちらも有効に活用してみるといいでしょう。

関連記事

studyplusicon
勉強管理アプリ比較ランキング!!最も成績が上がる無料アプリはこれだ

勉強の計画を立てるときのコツは、週に1日、2日くらい予備日をもたせておくといいでしょう。これによって、進行が多少遅れても問題なく計画を変更せずに実行し続けることが出来ます。

教科書レベルから行う

白チャートはとても基礎レベルから行っているとは言っても、受験用参考書には違いありません。もしかしたら、理解が進まないようなところも出てくるかもしれません。しかしそれは白チャートの解説が不十分なのでなく、理解するための知識や理解が足りてないからでしょう。

そういう時は、二次関数などの基礎となっているような分野をしっかりやり込んだり、教科書に立ち戻って考えてみるといいでしょう。

間違ったところはメモし抜けが無いようにする

網羅系参考書の怖いところは、抜けが存在してしまうことです。
間違ってしまったところは、早急に対処して常に抜けが無いかチェックするようにしましょう。また、理解が弱いところは先生や友達に聞くなどして、補強していきましょう。

【要点まとめ】白チャートの運用方法

・数学が苦手な人向けの参考書で、青チャートにつなげられるとベスト
・白チャートはセンター試験まで対応してるが、センター試験だけなら他の参考書のほうがいいかもしれません
・解説の丁寧さはぴか一。独学や基礎の定着には最適。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

biology-flow-icon

生物の参考書フローチャート

理科の主要三科目である物理・化学・生物において原則的に 物理は暗記量が少なく、計算力と理解

記事を読む

flow about chemistry

化学の参考書のフローチャート

化学のMVP参考書は重要問題集です。 理科系では評判の良い重要問題集ですが、化学に関しては

記事を読む

essence-icon

【受験物理の最良書】物理のエッセンスのおすすめの勉強法

河合塾から出版されている物理のエッセンスについて徹底解説していきたいと思います。 まず

記事を読む

chart

徹底解説!最も効率の良い青チャートの勉強法

数研出版から出されているチャート式参考書IA・ⅡB・ⅢCの勉強方法を徹底解説します。

記事を読む

良問の風アイコン画像

良問の風の効率的な勉強法

今日は、物理のエッセンス、名問の森の著者である河合塾の浜島先生の 『良問の風』の効果的

記事を読む

red-chart-icon

赤チャートの使い方、勉強法を徹底解説

昨日、白チャートの解説をしましたので、今日はその流れで赤チャートの使い方を徹底解説します

記事を読む

スポンサーリンク
おすすめの参考書
医学部受験
受験裏情報
PAGE TOP ↑