医学部の面接の裏事情と、最強の対策術。

interview

これから二次試験が待っている皆さんに、先輩の私からプレゼントです。
名づけて、医学部の面接裏事情から知る最強の面接術!

Sponsored Link

【面接の内部事情】最近の医学部のトレンドは面接。得点率はセンター試験に匹敵

私が医学部を受験した年から、面接や小論が導入され、得点化されました。
他の医学部もどうもその傾向にあるようで、推薦やAO以外の一般入試でも面接がどんどん行われているようです。

しかも、その得点はセンター試験に匹敵するほど高得点。
外せばそれは受験失敗を意味します。

そして、普通にやれば大丈夫だと思っていても些細なことが心配な受験生の皆様!
在校生の私が医学部の面接について調べてきました。

doctor

本当の目的はサイコパス・アスペルガーを振り落とすこと?!

私が受験した年、またそれ以降の傾向を見ても、内容は医学関連についてのものもありますが、その人の人格自体を見ている内容のものばかりです。
特に私が受験した年は、医学と全く関係の無い「交通事故の現場とその周囲のリアクションのかわいいイラスト」について、登場人物になりきって感想を書いてみよう!(最低5人)というものでした。

怪しいのは「写真を撮る大学生くらいの女の子」「交通事故にあった車の後続車に乗る怒鳴っているドライバー」
普通なのは「目を背けるご老人」などなど

面接では、自分はどれに近いかなどを聞かれました。

私の推測ですが、この面接において人の心を持っているか。やばい発想をしないかなどが問われていると思います。医者になるのに、事故にあった人に怒鳴るのはまずいというとても簡単な発想が出来るか出来ないかです。

このブログを見ている皆さんは、そんなバカな内容を旧帝医学部の面接でやるなんて。と、思うかもしれません。私自身そう思いました。

しかし、面接をしているのは医学部の優秀で著名な教授陣です。
先生たちはとても真剣な眼差しで、どこもふざけることなくこの問題に取り組まれていました。
入学後、1人の教授がおっしゃっていたことですが「医学部に入るには、学力だけでは駄目だ。人間として成熟していないと本当に良いお医者さんにはなれないんだよ」と。

現実問題、私の大学を含め、医学部医学科には多くの問題児がたくさんいます。
もちろん、それは医学部に限ったことではありませんが。

いわゆるコミュ障と言われるコミュニケーション能力があまり高くない人が多数見受けられます。
面接のトレンドですが、最近の医学ではコメディカルといって、医師や看護師、薬剤師などが互いに足を引っ張り合うことなく、命を助けるという同じ方向を向いてコミュニケーションを密にとっていくということが求められています。

そのリーダーとなる医師がアスペルガーであったりサイコパスであったりしたら大問題です。
もちろん、臨床の現場だけでなく研究に関しても同じことは言えます。
昔と違って今は、少なくともある一定以上の人数で共同研究しています。
ですので、医学部に入り医学を志す人たちに、教授陣がこのようなことを求めていてもおかしくありません。

教授陣は人柄を見ている

入学した後、面接担当教官の教授に「君私の面接だったよねー」と声をかけられることがありました。
その時、緊張していたね。と笑っておられました。

先生方は、基本的にはとても気さくです。
少しぐらい敬語や仕草に不備があったところで問題にはならないはずです。

大切なのは素直な自分を表現し、医学部に入るにふさわしい人柄だと証明する。ことよりも、医学部に入ってはいけないまずい人柄はもってないことを示すようなつもりで行きましょう。

面接の成績開示を同級生みんなでやってみた

成績開示というものが数百円でできるので仲の良い同級生みんなで成績開示をしました。
私の大学では、面接の得点も開示できるのであわせてしました。

衝撃の結末!みんな面接満点の真相

1ヶ月ほどして届いた成績開示に私たちは驚愕しました。
あんなにあれこれ考えていた面接は、みんな揃って満点だったのです。

もちろん満点はセンター試験に匹敵する点数であり、細かく差をつけてもその人の一生を左右することが出来得るものでしょう。

それが満点ということは、入試のときから噂されていた落とす人を落とすための得点化だったのかもしれません。

上記したアスペルガー等に引っかかった人は0点だとすれば、合格は厳しくなります。
そのような人を選別したのでしょうか。

面接官に当たり外れはない?!

入試のとき、二次面接というものがありました。
ここでは主に多浪生を中心に面接のあともう一度詳しく面接するものでした。

入学後、みんなの話し合いで決まったの結論は試験管に偏りがあるせいと、多浪生はよばれがちというものでした。

入学後、どの試験管が厳しい人で、どの人が優しい人かが分かってくるとやはり、二次面接にまわされた人の多くがその厳しい人が一次面接に絡んでいたようです。

しかし、合格者数からして厳しいか厳しくないかが合否を左右するということはないはずです。

医学部に合格するためには面接対策をどうすればいいのか。

上記で、私の体験談から面接についてこのような傾向があるということを書きました。
しかしこれでは受験生の人が対策しようと思っても具体的でなく、心配になる人も多いと思います。
そこで、私の経験と同級生たちとの話し合い、さらに私の予備校時代の生徒の受験成果と人柄から面接対策について考えたいと思います。

医学情報についてアンテナを張ろう!

私は、面接では小学生のころ読んだ京都大学のiPS細胞で医学に興味を持ったこと。だからiPS細胞について興味があること、研究してみたいということを話しました。

その後、月日は流れ京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞しましたね。
私としてとても感慨深いものがありました。山中カクテルってかっこいい言葉ですよね。

もちろん、勉強の時間を割いてまで医学の知識を吸収する必要は全くありません。

しかし、医学部を目指している以上最近ホットな話題(今でしたらSTAP細胞)を普通の人くらい、もしくは少し踏み込んだ内容まで知っていると面接のときにボロが出ないと思います。(STAP細胞の簡単なメカニズムくらい)
あとは、研究テーマ以外にも医療事故などの医療界の問題点(妊婦のたらいまわし)などなどこの辺はしっかり情報を頭に入れて自分なりの考えを持っておきましょう。

自分はアスペルガーだと思ったら病院へ行きましょう

アスペルガー症候群の人は医者にはなってはいけないとは私は思いません。
しかし、人に理解してもらいづらいことは確かだと思いますし、うっかりが多いのも事実です。

病院にいって診断を受けたほうがいいでしょう。
もし認定してもらえれば、センター試験等で多少アドバンテージを得ることが出来ます。
ただし、大学によっては上記したとおり面接が行われているので診断書を提出するのが良いか悪いかは別途考えましょう。

ただし、集中力がアスペルガーの子は切れやすいのは確かですし、それに効く漢方や薬もあるでしょう。また友達や親などの他者とのコミュニケーション方法も病院で詳しく指導があると思いますので、少しでも怪しいなと思ったら心配することなく是非いかれたほうが良いと思います。

小論文対策について

大学によっては行われているようです。
これに関しては自身が無い人は、対策の参考書がありますのでそれを活用しましょう。
医系小論文 最頻出論点20[改訂版] (赤本ポケットシリーズ)

これは小論文を能力自体を鍛える価値もありますが、医学についての知識を得たり自分で考えたりすることで、面接の際ボロがでたり言葉に詰まったりしなくなるようにするトレーニングだと思ってやりましょう。

【ここだけは見て!】面接はこれで乗り切れ!現役医学部生が考える、教授に喜ばれる医学生の人柄

難しいことをグダグダいってますが、これは企業の採用面接ではありません。
医学を学びたい学生を見る大学入試なのです。

そんな学生を言葉足らずだからといってどんどん減点していくようなことは無いと思います。

まずは笑顔と、自分は平均的価値観を持った正義感あふれる人間であり、一番尊ぶことは他者との共存と調和、協力してコミュニケーションをとる医療が理想であるとし、バイトは嫌がる教授が少なからずいるので、医学を学ぶためにバイトよりも時間を惜しまず勉強に励みます。とそういいましょう。部活動は勉強の邪魔にならない範囲で、友達と協力して勉強していきたいと思います。など、他者との協力、コミュニケーションが得意で積極的な学生という印象を与えるといいと思います。研究にも興味があり、数年研究したいというワードは臨床ばかりに流入し、研究者不足の大学にとって願ったりな素敵な言葉です。

以上、グダグダ書きました。

面接って難しいですよね。結局なにが正解かなんて、面接官によって違うのですから。
是非、無事に面接を乗り切り、学科のほうで高得点をたたき出してください!

でも、一人で勉強していると、心が折れそうになるくらい大変なときがありますよね。
そんな時一緒に勉強する仲間がいたらと思いませんか?

もしあなたがLINEを使っているならぜひ「メディカルline」と友だちになってください。

「メディカルline」からは定期的に医学部の入試問題や医学部専門予備校の問題が届きます。その問題に解答するとあなたの正答率だけでなく、全国でのランキングや解答スピードの順位までわかるので、全国の受験生と一緒に勉強をすることができます。

問題が届く度に全国のライバルを意識することができるのでモチベーションも維持できますね!

その他にも医学部生が使った参考書や勉強方法、各予備校の合格率など医学部を受験するなら役立つ情報も手に入ります!

一人では乗り越えられない壁もみんなとなら乗り越えられる!
「メディカルline」で全国の受験生とつながって医学部受験を突破しましょう!

メディカルline

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ukaruhitootiruhito

大特集!!【合格の鍵はあなた自身?!】大学受験に受かる人の特徴①

受験勉強って最終的には人柄や性格や個性など注目されませんし、面接があったとしても、取り繕って

記事を読む

hyoujunnmodaniseikou

化学Ⅰ・Ⅱ標準問題精講の勉強法を徹底解説

旺文社から出版されている化学Ⅰ・Ⅱ標準問題精講の最も効果的な使い方について徹底解説していきた

記事を読む

motivation

勉強するやる気を出す・モチベーションを維持する方法

勉強ってやってみるとどんどんやれるんですけど、やり始め、エンジンをかけるのが大変ですよね。

記事を読む

chart

徹底解説!最も効率の良い青チャートの勉強法

数研出版から出されているチャート式参考書IA・ⅡB・ⅢCの勉強方法を徹底解説します。

記事を読む

present

【受験間近でケアレスミス対策を緊急特集!!】5分で得点を10%UP

まもなく大学入試が始まろうとしていますね。 受験生を応援すべく立ち上げた当ブログも緊急に受

記事を読む

daigakubyouin

広島大学医学部121人留年についての新事実!!

3月29日追記 当ブログの内容で、神経解剖学の教授が新任とお伝えしましたが、誤報と

記事を読む

スポンサーリンク
おすすめの参考書
医学部受験
受験裏情報
PAGE TOP ↑